米メディア大手コムキャストは13日、大阪市の米映画テーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の運営会社「ユー・エス・ジェイ」の発行済み株式の51%を約1840億円で取得し、子会社化したと発表した。

 ユー・エス・ジェイの最高経営責任者(CEO)は12日付で、グレン・ガンペル氏に代わり、コムキャストグループのテーマパーク部門出身のジャン・ルイ・ボニエ氏が就任した。株式はコムキャスト傘下のNBCユニバーサルが、米金融大手ゴールドマン・サックス(GS)などの既存株主から取得した。GSなどは残りを引き続き保有する。

 コムキャストは「USJをさらに大きく成長、進化させつつ、日本でより強力で直接的な事業展開が可能となる」とコメントした。

 ユー・エス・ジェイの担当者は、同社が検討している沖縄でのテーマパーク建設について「継続して検討している」としている。