海岸に漂着するごみの対策に日本、台湾、中国の市民や行政が取り組む「東アジア地域漂着ごみ対策交流事業」が9~11日の3日間、沖縄県内であった。参加者計36人は海岸でごみを拾ったり、意見交換をしたりし、各地域での対策に役立てることを確認し合った。