西村康稔官房副長官は12日、宜野湾市の米軍普天間飛行場と米軍ヘリから窓が落下した普天間第二小学校を視察した。宜野湾市役所で飛行場の説明をした佐喜真淳市長は9日に伊計島の海岸でMV22オスプレイの部品が見つかった問題に触れ米軍の安全対策の徹底を求めた。

宜野湾市役所屋上から米軍普天間飛行場などを視察する西村康稔官房副長官(手前左)と説明する佐喜真淳宜野湾市長(同2人目)ら=12日

 西村氏は安倍晋三首相がトランプ米大統領との電話会談で安全確保を求めたことを踏まえ「いろんなレベルでやっていきたい」と応じた。西村氏は本部港や名護東道路なども視察。那覇空港で記者団に「着実な基地返還と北部振興を進めたい」と述べた。政府は今後、北部振興事業を含め北部地域の経済振興や定住化を図るための予算増加を検討する方針だ。