名護市辺野古の埋め立て承認取り消しをめぐる県の「公開質問状」に国土交通省が回答した。翁長雄志知事の求めた「国民に分かりやすい、納得できる説明」とは、大きな隔たりがある。県の質問は、今後の国地方係争処理委員会の審査や代執行訴訟で、主な争点になるとみられる。