この空は誰のものか。そんな問い掛けが強まっている。空の下の人々が安全管理の徹底を願うのは当たり前である。それがかなわなず、「一歩間違えれば大惨事」という事態が繰り返されるなら、もはや「飛ぶな」と言うしかない。