【東京】江崎鉄磨沖縄担当相は9日の衆院予算委員会で、明治政府による琉球王国廃止から沖縄県設置に至る「琉球処分」について「沖縄処分」と言い間違えた。江崎氏は「沖縄処分と表現したが琉球処分」と自ら訂正した。江崎氏は3日連続答弁を訂正しており、野党からは資質を問う声が上がっている。