多彩な光とバラエティーに富んだ金魚が独自の世界観を形作る「アートアクアリウム展~沖縄・金魚の結」(主催・琉球朝日放送、沖縄タイムス社、リウボウインダストリー)の入場者数が14日、10万人を達成した。同展は、那覇市のデパートリウボウで開かれており、15日で最終日を迎える。

アートアクアリウム展で10万人目の入場者になった宮城さん一家と石川結愛ちゃん=那覇市のデパートリウボウ

 10万人目の入場者になったのは、大宜味村から訪れた宮城利安さん(36)一家。妻の絵美理さん(36)、長男の敏夢(とむ)君(4)、次男の笠夢(りむ)君(2)に加え、めいの石川結愛ちゃん(6)も一緒に足を運んだ。

 宮城さんらは、記念品としてぬいぐるみなどを受け取った。結愛ちゃんは「紫や赤の光の中で、いろいろな金魚が泳いでいるのがきれいだった」と話していた。最終日の開場時間は、午前10時~午後8時半。