うつ病など働く人の心の不調を未然に防ぐ目的で、労働安全衛生法が改正され、12月から従業員が50人以上いる事業所でストレスチェックが義務付けられる。メンタルヘルス対策への効果が期待される一方、事業所は準備に追われ、医師の確保も困難など課題も多い。