県警の外郭団体「公益財団法人暴力団追放沖縄県民会議」の30代男性職員が昨年、飲酒運転などで摘発されていたことが9日までに、関係者への取材で分かった。男性は免許停止処分後も、車を運転したとして無免許運転でも摘発されたという。業務でも運転していた可能性があるため、同会議が調べている。