県内魚市場のイセエビ類の価格が高騰している。海産物を好む中国系の観光客らを中心に人気が高く、県漁業振興基金の市況によると2017年のイセエビ類1キロ当たりの平均価格は、外国人観光客が増加する前の10年に比べ2倍の4215円となった。外国客による消費拡大で、水揚げ量も58倍の5933キロまで増えた。