本島北部のビーチと海岸で10日、油のような物がついたペットボトルなどの漂着物が見つかった。那覇と中城の両海上保安部によると、油のような塊計10個とペットボトル計83本のほか、救命胴衣や発泡スチロールなどもあったという。北部の海岸では9日にも、同様な漂着物が発見されている。