3月4日は「さんしんの日」。県内だけでなく、県外、海外の三線(さんしん)愛好家が時報に合わせて「かぎやで風節」を奏(かな)でます。三線にはさまざまな型や、素晴らしい音色を出す名器があります。奥(おく)深い三線の世界をのぞいてみましょう。 三線にはそれぞれの部位にしまくとぅばで名称が付けられています。