【長嶺栄太通信員】1月28日、上海・静安区にある高級日系スーパー「久光」で沖縄マグロの解体ショーが開催された。厳しい寒波で都心部でも雪が降った日本同様、今年は珍しく積雪もみられた上海。会場では、多くの中国人客が沖縄県産マグロを取り囲み、戸外の寒さを忘れさせるほどの熱気にあふれていた。

沖縄県産マグロの解体ショーに見入る中国人客=上海・静安区

 解体ショーでは、マグロの輸出を担当した沖縄の三高水産社が沖縄マグロの特徴を説明。同時に沖縄県上海事務所職員が中国語で通訳をしながら進行し、大変な盛り上がりを見せた。

 上海には多くの日本料理店があり、特にマグロの刺し身は中国人にも人気がある。

 沖縄観光は既に、ある程度のブームとなっているが、今後は沖縄食材の中国での人気にも期待される。巨大市場中国の入り口として、まずは上海でどれほどの人気が得られるのか、注目される。[ワールド通信員ネット]