プロボクシングの全日本新人王西軍代表決定戦が15日、大阪府立体育会館で行われた。フェザー級は、中日本・西部日本代表の仲里周磨(ナカザト)が西日本代表の永野祐人(グリーンツダ)に5回1分50秒、KO勝ちした。技能賞も獲得した。戦績は5勝(4KO)無敗。

KO勝ちで、フェザー級の新人王西軍代表になった仲里周磨(提供)

 仲里は12月20日、全日本新人王決定戦(東京・後楽園ホール)に出場し、東軍代表と対戦する。

 ライトフライ級は、中日本・西部日本代表の大城信博(琉球)がユーリ阿久井政悟(倉敷守安)に0-3で判定負けした。