那覇市内で購入した不動産に接する道の幅が、新築に必要な基準を満たしていないという説明を受けず、余分な建設費用がかかったなどとして、本島在住の30代男性が宜野湾市の不動産仲介業者に計約857万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が8日、那覇地裁であった。