東洋太平洋スーパーフェザー級10位の小谷将寿が1回53秒、左ボディーで豪快にKO勝ちした。 この日の朝、ビデオで見た世界王者・井岡一翔(井岡)のコンビネーションが頭に残っていた。左ジャブからの右アッパーで、相手のガードが上がったところにさく裂。