八重山民謡歌手の山里勇吉さんが9日に亡くなった。私にとって山里さんは歌者はもちろん、戦後まだ沖縄本島で知名度が低かった八重山民謡を大衆化させた人というイメージが強い。  山里さんは1957年に八重山全島とぅばらーま大会で優勝。その後ラジオに出演するようになって、お付き合いが始まった。