認知症になっても幸せに生きられる社会の構築に向けた講演会が12日、県立博物館・美術館であり、自然療法研究家の杉山直美さんが、エッセンシャルオイル(精油)による香りの力を取り入れた認知症ケアを提案した。主催は認知症ケア実践研究会沖縄事務局。