13日午前11時ごろから午後2時ごろにかけ、沖縄県浦添市内で「キャッシュカードの情報が流出しています」との不審電話が相次いだ。浦添署によると、同様な不審電話の相談が13日だけで計5件あったという。署は特殊詐欺未遂事件として捜査しており、「不審電話に注意し、警察に相談してほしい」と呼び掛けている。

 署によると電話口の男は「金融庁の者」「浦添署員」などと名乗り、「情報が流出している。確認のため、カードと通帳を取りに行ってもいいですか」と話を持ち掛けたという。被害は確認されていない。