内閣府によると、実質GDPが8四半期連続で増加したのは、1986年4~6月期から89年1~3月期まで12四半期連続でプラスとなったバブル期以来約28年ぶり。(共同通信)