聴覚に障がいのある選手がプレーするデフフットサルのワールドカップ(20~28日、タイ・バンコク)に、上山中3年の宮城実来(14)が出場する。代表14人のうちベンチ入りできるのは12人。史上最年少の14歳で代表入りしたドリブラーは「まずはベンチに入ることが目標。