沖縄地方は16日、高気圧の張り出しで晴れ、各地で最高気温が上昇。平年より2度から5度高くなった。宮古島地方や石垣島地方では30・2度を記録し、真夏日となった。那覇でも27・8度を記録し、10月中旬並みの暖かさだった。

青空の下、砂遊びをする子ども=16日、那覇市おもろまち・新都心公園

 沖縄気象台によると、17日以降も暑くなる見込み。特に21日ごろからの約1週間は、各地で平年より1・6度以上高くなる可能性があるとして「高温に関する異常天候早期警戒情報」を発表し農作物の管理などへの注意を呼び掛けている。