【東京】石井啓一国土交通相は17日午前の閣議後会見で、名護市辺野古の新基地建設をめぐり、翁長雄志知事による埋め立て承認の取り消し処分は違法だとして、処分を取り消すよう求める訴訟を福岡高裁那覇支部に提起したと発表した。

翁長雄志知事の埋めたて承認取り消し処分の取り消しを求める訴訟を提起したと発表する石井啓一国土交通相=17日午前、国交省

 石井氏は、翁長知事による取り消し処分が「違法で著しく公益を害することが確認されている」とし、知事が是正勧告や指示に従わなかったことから、提訴に踏み切ったと説明した。

 公益を害する理由に関し「普天間飛行場の危険な状況が放置され、辺野古移設という米国との約束事が守れなくなる」と説明。「国の主張については裁判で明らかにしたい」と述べるにとどめた。