法人や個人から集めた支援金を子どもの貧困解消に役立てる「沖縄こども未来プロジェクト」本部(代表・豊平良孝沖縄タイムス社長)は13日までに、2017年度事業として初めて実施した「入学応援給付金」を計652人に支給した。支給総額は2306万円。

 内訳はことし4月に小学校入学予定302人、中学校入学予定350人。給付金は小学校3万円、中学校4万円。

 給付金事業には小学校入学410人、中学校入学517人の応募があった。同本部は18年度(19年4月入学予定)も事業を継続する予定。