舞台芸能の振興に寄与する個人、団体を表彰する松尾芸能賞(松尾芸能振興財団主催)の第39回受賞者が15日、発表された。琉球芸能の実演家で国立劇場おきなわの芸術監督の嘉数道彦さん(38)が舞踊部門の新人賞に選ばれた。大賞は坂東玉三郎さん。

松尾芸能賞新人賞を受賞した嘉数道彦さん

素踊りを舞う(左から)阿嘉修、玉城匠、大浜暢明、嘉数道彦左、上原崇弘=2017年4月

「丘の一本松」では頑固な父親を演じた嘉数道彦(右)。息子・良介役は金城真次=2017年2月

劇団伊良波の「貞女小」では、伊良波冴子代表(右)と金城真次(中央)、嘉数道彦(左)らが楽しい喜歌劇を繰り広げた=2014年5月

若手役者が清新な雰囲気で熱演した「虎!北へ走る」の1場面。左から小嶺和佳子、金城真次、嘉数道彦、宮城茂雄、天願雄一=2012年12月

初代能造譲りの「伊野波節」を舞う嘉数道彦=2102年11月

松尾芸能賞新人賞を受賞した嘉数道彦さん 素踊りを舞う(左から)阿嘉修、玉城匠、大浜暢明、嘉数道彦左、上原崇弘=2017年4月 「丘の一本松」では頑固な父親を演じた嘉数道彦(右)。息子・良介役は金城真次=2017年2月 劇団伊良波の「貞女小」では、伊良波冴子代表(右)と金城真次(中央)、嘉数道彦(左)らが楽しい喜歌劇を繰り広げた=2014年5月 若手役者が清新な雰囲気で熱演した「虎!北へ走る」の1場面。左から小嶺和佳子、金城真次、嘉数道彦、宮城茂雄、天願雄一=2012年12月 初代能造譲りの「伊野波節」を舞う嘉数道彦=2102年11月

 嘉数さんは実演家として活動しながら、新作組踊や古典芸能を初心者向けにかみ砕いて紹介する作品制作など、劇作と演出で30以上の舞台を手がけてきた実績が評価された。

 これまで県内からは、1983年に歌三線の人間国宝である照喜名朝一さんが特別賞、2003年に琉球舞踊家の佐藤太圭子さんが優秀賞を受賞している。