県議会2月定例会が14日、開会した。翁長雄志知事は所信表明演説で「辺野古に新基地は造らせないことを県政運営の柱に、全力で取り組む」と述べ、引き続き新基地建設に反対する考えを示した。来年2月に期限を迎える米軍普天間飛行場の5年以内の運用停止を政府に求めていくことも強調した。