【東京】下地幹郎衆院議員(維新)は14日の衆院予算委員会で、県内で相次ぐ米軍機の事故や米軍関係者による事件などを防止するため、小野寺五典防衛相に対し、大臣職を懸けて米軍と対峙(たいじ)するよう求めた。