毎週1度、那覇市内の公民館で仲間と集い、教本を手に詩吟の練習に励む。抑揚のある節回しで吟じられる詩文が、張りのある声で周囲に響く。 「生涯学習として楽しく学びを続けている。大きな声を出すのでストレス解消になり、終わったら気分爽快になる」 18年前、詩吟の先生であるいとこから誘われたことがきっかけ。