沖縄県内主要12団体で構成する県経済団体会議(石嶺伝一郎議長)は14日、那覇市の台北駐日経済文化代表処那覇分処に蘇啓誠処長を訪ね、台湾東部花蓮県で発生した地震への義援金として120万円を寄付した。

蘇啓誠処長(右から3人目)に寄付目録を手渡す県経済団体会議の石嶺伝一郎議長(同4人目)=那覇市久茂地

 経済的にも結び付きの強い隣国で起きたマグニチュード6・4の地震とあって、震災直後から加盟団体に呼び掛け、寄付金を集めた。

 石嶺議長は犠牲者へのお悔やみの言葉を伝えた上で「台湾とは隣同士。早く元気になってほしい」と話し、蘇処長に目録を手渡した。