琉球大学熱帯生物圏研究センターの戸田守准教授らが住民らの目撃情報を基に、絶滅危惧種ミヤコカナヘビの生息状況をまとめた。人の生活圏にも生息していることなどが分かり、近く沖縄生物学会誌に掲載される。戸田准教授は「今後の保全に役立てたい」と話している。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。