本島内のある市で数カ月前、厳しい家庭環境の子どもたちに食事を提供する活動を始めようと、準備に動いた団体があった。困窮世帯が多く、親が働きに出て幼いきょうだいだけで長時間過ごす家庭もある。