「沖縄の少年非行の背景には貧困がある」。県子どもの貧困対策検討会委員で、沖縄子ども貧困解消ネットワーク共同代表の山内優子さんは指摘する。山内さんは津嘉山信行さんと共に九州地方更生保護委員会第3部の委員を務め、沖縄少年院を仮退院した14~19歳の46人の家庭環境などを2013年に調査した。