デパートリウボウ(我那覇学店長)は13日から、バーチャルリアリティー(VR)の技術でクリスマスプレゼントを選んだ人の思いを伝えるキャンペーンを展開している。

バーチャルリアリティーの技術を使ったギフトキャンペーンの応募ボックス=那覇市久茂地、デパートリウボウ

 VRはコンピューターグラフィックスや音響効果を組み合わせ、現実感を作り出す技術。専用のVRメガネを装着し、スマートフォンなどで動画を見ると、360度見渡せる映像が流れる。

 プレゼントを選ぶ様子やコメントなどを事前に撮影し、特別な「タイムカプセルギフト」として贈ることができる。

 IT関連のアクティエージェント(西原町、藤田利久社長)の技術を使い、広告代理店BBDO JWEST沖縄支店が企画した。

 プレゼント購入者のうち、抽選で40人を選ぶ。応募用紙に必要事項を記入し、デパート1階にある専用ボックスに入れる。応募期間は13~30日、12月1~6日、12月7~13日の計3回。問い合わせはデパートリウボウ営業企画課、電話098(867)1221。