沖縄県警監察課は16日、20代の知人男性にキスをするなどのわいせつ行為をしたとして県警の男性警視(58)を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。監察課の調べに同警視は「体育会系の乗りで悪ふざけでやった」と事実を認め、同日付で依願退職した。

(資料写真)沖縄県警

 監察課によると、同警視は2016年11月中旬、那覇市内の飲食店で被害男性にキスをするわいせつ行為をした。翌17年4月中旬には沖縄市内の駐車場で同警視の所有する車内で着衣の上から被害男性の股間をさわるなどした。

 県警首席監察官は「県民の信頼回復のため、職員一丸となって再発防止に取り組む所存」とコメントした。