ゲート前の座り込み開始から500日目となり、早朝から千人以上が結集した18日、沖縄平和運動センター議長の山城博治さんは「沖縄の力を発揮した素晴らしい一日。自信になった」と喜んだ。

キャンプ・シュワブゲート前であいさつする山城博治さん=18日午前9時すぎ、名護市辺野古

 連日、早朝の工事車両進入を警戒してゲート前に座り込んでは機動隊に強制排除されてきたが、この日は工事用車両の進入も機動隊の動員もなかった。山城さんは「1千人が集まった成果。集まれば工事を止められることが分かった。政府から不当な攻撃を受けている県に、ここから勇気を送りたい」と話した。

 開始当初から拡声器を抱え、抗議を続けてきた。政府の強硬姿勢に怒りが収まらない日は、使っている拡声器の単1電池10本が一日でなくなった。500日を振り返り、「悲壮感ではなく、必ず勝てるという希望の中で運動が着実に広がっている」と感じている。