名護市辺野古の埋め立て承認取り消しをめぐる代執行訴訟では政府と県の「公益」をめぐる見解に大きな違いがある。政府が普天間飛行場を辺野古へ移設する理由、つまり埋め立てを必要とする理由に挙げる在沖米海兵隊の抑止力や沖縄の地理的優位性について、県は根拠薄弱と指摘し、政府の言う「公益」に疑問を投げ掛けている。