今月26、27日に開かれる国内最大級の国際食品商談会「第2回沖縄大交易会」の実行委員会第2回幹事会が19日、那覇市の沖縄産業支援センターで開かれた。出展企業は33都道府県から200社、バイヤーは国内外17カ国・地域から151社が参加することが報告された。

 出展企業は県外企業が142社、県内が58社。バイヤーは海外110社、国内41社が申し込んだ。海外はシンガポール25社、香港22社、台湾16社からの参加が多い。フリー商談には19日現在、12社が申し込んでいる。