イオン琉球(南風原町、佐方圭二社長)は16日、「イオンドラッグ」1号店を今春に豊見城市内にオープンすると発表した。

 既存店舗内に併設された薬売り場とは別の独立店として、品ぞろえを強化する。

 高齢化の進行などで県民の健康への関心が高まっていることに着目した。薬だけでなく、日用品や食料品なども販売する。コンビニのように利便性を高め、売り上げの増加につなげる。

 1号店はイオンタウン豊見城内で、店舗面積は594平方メートル。営業時間は午前9時から午後10時。

 同社はイオンを運営するGMS(総合スーパー)、マックスバリュのスーパーマーケット、ザ・ビッグのディスカウントストアの3事業を展開している。ドラッグ部門を4番目の事業と位置付け、今後は県内各地に店舗をオープンさせる考えだ。

 同社広報担当は「健康への関心は高く、より専門的な品ぞろえを求める声は多い。ドラッグ事業を成長させ、県民の健康をサポートしていきたい」と話した。