日清戦争後、沖縄近隣に位置する台湾は日本に割譲され、日本帝国の一部である沖縄人民に編入されるにいたった。日本国内では「二等国民」との差別を受けると同時に、新領土台湾開拓の先鋒(せんぽう)とされた。台湾植民統治初期より沖縄の人々は次々と台湾へ渡った。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。