八重瀬町港川を流れる雄樋川の濁りある河口付近は、夏場にガチュンが群れをなし、それを追って大きなガーラが姿を現す足場よく安全なポイント。10日の午前10時、大里在住の久高友寿さんは釣り好きの6歳になる長男・琉海君と2人で晩の食卓に並べる小魚釣りに出掛けた。 河口に架かる橋近くの水深1メートルの浅場へ。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。