沖縄タイムス創刊70周年記念事業「アートたけし展」(主催・沖縄タイムス社、琉球朝日放送、デパートリウボウ、特別協賛・Mr.KINJO)が17日、那覇市久茂地のデパートリウボウ6階催事場で始まった。漫才、お笑い、俳優に映画監督などとマルチに活躍するビートたけしさんが描いた絵画や版画、立体アートなど約130点の作品が並ぶ。4月8日まで。

「アートたけし」が生み出す色鮮やかで個性あふれる作品を鑑賞する版画家の名嘉睦稔さん(手前)ら来場者=17日、那覇市・デパートリウボウ6階催事場

 悪ふざけする動物の絵や壊れた時計などを使いアートとして再生した作品、光彩を放つ花火の版画など、自由で創造性豊かな「たけしワールド」に観覧者は魅了され、感動していた。

 那覇市の比嘉章雄さん(48)は、妻の朋子さん(49)と息子の翔太君(11)と3人で鑑賞。章雄さんは「初日から見に行くと決めていた」。朋子さんは「元気をもらえた」。翔太君は「車の絵がリアルに再現されていた」と満足そうな表情だった。

 同展の開催時間は午前10時~午後8時半(最終入場は午後8時)。観覧料は一般千円、大学・専門学生800円、中高生500円、小学生300円。

 問い合わせは沖縄タイムスサービスセンター、電話080(6493)3611。