沖縄市観光振興課が制作した観光PR動画「チムドンドン胸おどる街コザ」が全国的に話題を呼んでいる。市に足を運んだ観光客の女性が歌いながら市内を巡り、地元の人たちと交流していく内容だ。動画投稿サイト「ユーチューブ」では配信開始から10日間で約15万3千回再生される人気ぶり。19日から1週間、渋谷スクランブル交差点(東京都)に設置された8台の大画面にも動画が映し出される予定。(中部報道部・比嘉太一)

沖縄市が制作した観光PR動画。19日から渋谷スクランブル交差点の大画面でも流される

 県内を訪れる観光客が年々増える中、エイサーや音楽が盛んな市を全国の人たちに知ってもらおうと、2017年度の一括交付金約2500万円(プロモーション費用も含む)を使って制作。主演は現役大学生で芸能活動している古川琴音さん(21)=神奈川県=が務めた。

 動画は15秒や30秒、8分バージョンなど計11パターン。全てミュージカル仕立てになっており、古川さんが地元で出会った男性と歌いながらミュージックタウン音市場やゲート通り、銀天街、沖縄こどもの国、東南植物楽園などの観光スポットを巡る物語になっている。市内の飲食店やホテル、市役所前広場も撮影場所として利用し、地元の人たちも登場する。

 動画はフェイスブックやツイッター、インスタグラムなどの会員制交流サイト(SNS)で拡散したくなるように工夫を凝らした。担当した同課観光企画係の大城勇人さん(36)は「今、はやりの見栄えが良い『インスタ映え』するような食事や衣装、景観などを意識しながら撮影した。特にインスタを使う女性の目線を大切にした。コザの魅力が詰まった動画です」と胸を張った。

 動画は英語、中国語、韓国語の字幕版も用意。今後、海外にも市の魅力を発信していくという。動画のURLはhttps://www.youtube.com/watch?v=I-5xV1bfi-k