2018年(平成30年) 6月21日

タイムス×クロス 木村草太の憲法の新手

[木村草太の憲法の新手](74)名護市長に渡具知氏 海兵隊撤退へ積極発信を 政府・与党も協力が筋

 4日の名護市長選挙で、自民、公明、維新が推薦する渡具知武豊氏が当選した。このことから、「名護市民は辺野古新基地の受け入れを表明した」と見る向きもある。しかし、それは正しい理解ではないだろう。 そもそも、政府は、地元自治体が何を言おうと新基地建設を強行する姿勢を示していた。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。

「木村草太の憲法の新手」が本になりました

本紙好評連載が待望の単行本化。2015年2月から始まった連載の46回目までを加筆修正して収録。辺野古、安保法制、表現の自由、夫婦別姓など、沖縄/日本の状況を憲法の理論から読み解きます。

■木村草太 著
■四六判/190ページ
■価格 1,200円+税

木村草太の憲法の新手
木村草太の憲法の新手
posted with amazlet at 17.08.08
木村草太
沖縄タイムス社
売り上げランキング: 63,390

沖縄タイムス「ギャラリーショップ」で購入

あわせて読みたい

関連リンク

タイムス×クロス 木村草太の憲法の新手のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間