沖縄県与那国島の特産品をPRする「与那国島フェア」(主催・同町商工会、主管・沖縄物産企業連合)が23~25日の3日間、横浜市の三井ショッピングパークららぽーと横浜で開かれる。

与那国島フェアをPRする与那国町商工会の玉那覇有允さん(右から2人目)ら=沖縄タイムス社

 島の特産品強化事業の一環で、昨年に続き2回目の開催。同商工会経営指導員の玉那覇有允(ありよし)さんらは「昨年よりも内容をスケールアップした。多くの人に楽しんでもらい、島への誘客につなげたい」と話した。

 酒や織物、民芸品など約100品を展示・販売する。NTTドコモの協力で島の魅力を伝える映像シアターや、仮想現実(VR)の体験ブースも出展する。

 沖縄物産企業連合の直営店「沖縄宝島ららぽーと横浜店」の宮國清貴店長は「与那国島が横浜にやってきたような魅力あるフェア。好評だった昨年の売上高を超えるよう、盛り上げたい」と話した。