沖縄県内18離島市町村の振興に向けた県の「住みよく魅力ある島づくり計画」がこのほど初めて改定された。離島の待機児童解消や離島観光ブランドの確立など「重要性を増した課題」を盛り込み、離島市町村の意見も反映させた。