国の文化審議会(宮田亮平会長)は20日、沖縄県石垣市の「ンタナーラのサキシマスオウノキ群落」と伊平屋村の「伊平屋島の念頭平松」を天然記念物として新たに指定するよう馳浩文科相に答申した。官報へ掲載後、正式に指定される。

ンタナーラ川下流側のサキシマスオウノキ群落=石垣市宮良(石垣市教育委員会提供)

国の天然記念物に指定される伊平屋島の念頭平松=伊平屋村田名(伊平屋村教育委員会提供)

ンタナーラ川下流側のサキシマスオウノキ群落=石垣市宮良(石垣市教育委員会提供) 国の天然記念物に指定される伊平屋島の念頭平松=伊平屋村田名(伊平屋村教育委員会提供)

 沖縄県内の天然記念物(特別を含む)は、今回指定される2件を含めて計54件。

 サキシマスオウノキは、マングローブ湿地の内陸側に多く生息している常緑高木。石垣島のほぼ中央に位置する桴海於茂登岳(ふかいおもとだけ)から流れるンタナーラ川の標高60メートルを超える流域に群落を形成している。

 石垣市の石垣朝子教育長は「通常は海岸沿いに生育するサキシマスオウノキが、海岸から9キロも離れた山中に群生する様子は感動を呼ぶ。教育面での活用と保護をバランスよくとっていきたい」と語った。

 念頭平松は、伊平屋村に生育するリュウキュウマツの名木で、1958年には県指定天然記念物に指定されている。伊平屋村の東恩納吉一教育長は「念頭平松の大きさと樹形の美しさは見るものに驚きと感動を与えてくれる。これからも多くの人に平松の価値を伝え、しっかりと守り続けたい」と話した。

 諸見里明県教育長は答申を喜び、両自治体の文化財保護行政を支援する考えを示した。