重量挙げのレディースカップ第7回全日本女子選抜選手権第1日は20日、岩手県奥州市江刺中央体育館で一般、高校各4階級を行った。一般48キロ級で糸数加奈子(豊見城高-金沢学院大-自衛隊体育学校)がトータルで2位に24キロ差の161キロを挙げ、大会新記録で優勝した。同58キロ級の新垣愛恵(豊見城高-金沢学院大)もトータル180キロで頂点に立った。

糸数加奈子

新垣愛恵

糸数加奈子 新垣愛恵

 高校48キロ級の知念伶奈(浦添工高)はトータル137キロ、同58キロ級の具志堅莉奈(豊見城高)はトータル148キロでともに2位。一般53キロ級の當間星香(沖国大)はトータル142キロで3位だった。