「多死社会」「孤独死社会」を迎え、私たちは死をどのように考えたらよいのか。 伝統的な家制度の崩壊で、近年「家族葬」や「直葬」「散骨葬」「樹木葬」と多様な埋葬が論じられ、はたまた檀家(だんか)の減少で「寺院消滅」といった報道も盛んになった。