本部町や伊江島の沖合ではホエールウオッチングが本格シーズンを迎えている。16日午後、ウオッチング船は水納島の西約1キロの海域で回遊するザトウクジラを確認。体長十数メートルの巨体がブリーチ(ジャンプ)など豪快なパフォーマンスを見せると、船上の参加者から大きな歓声が上がった。