第67回全日本学生書道展(主催・日本書道教育学会)で読売新聞社賞を受賞した与那原小6年生。利き腕は左手だが、右利きへの矯正を理由に始めた書道だけは右手で書く。師の玉城賢二さんはその独特の筆遣いを見て「隷書なら賞も狙える」と直感し「碧」と書いた作品で応募した。